MENU
大阪で財務コンサルティングやM&Aでお悩みなら税理士法人 明和総務代行サービス株式会社

売上増加の方法

売上を増やすために必要なことは何でしょうか?
「客数を増やす」「客単価を増やす」「購入回数(来店回数)を増やす」の3点につきます。
一つ一つ実行するのは大変です。例えば、居酒屋さんの顧客数が2,000人、客単価2,000円で、月間400万円の売上があるとします。また、顧客2000人の平均来店回数は月1回とします。
売上目標を30%増の月間520万円とした場合に、客数だけを増やそうとしたケースでは、600人(1日20人)増やす必要があります。客単価だけを増やそうとすると600円増加させる必要があります。これは結構大変、ちょっと諦めてしまいそうな数字です。

ところが、客数を1.1倍(一日6~7人)、客単価を1.1倍(2,200円)、再来店を1.1倍(月間平均来店回数1.1回)にするといかがでしょうか。月間売上は532万円となります。
どちらが取り組めそうでしょうか。しかも、客数の増加のために、新規客の増加はグルメサイトへの投資、紹介客の増加はイベント開催など、どんどん細分化していくことが出来ます。また、失客数を減らすことができれば、客数を増加することもできます。
これはどの業種でも同じです。工務店でも客数を増やし、客単価を増やし、リフォーム売上を受注する、という流れで少しずつ、満遍なく行動することが大切です。
当社を御社の売上増加のために、一緒に戦略をたてるパートナーとして活用ください。

売 上

顧客数

客単価

購入頻度
(来店回数)

~ 居酒屋さんの例 ~

月間売上:400万円

月間客数
2000人

客単価
2,000円

月間平均来店回数
1回

月間売り上げ目標を30%増となる500万円に設定する。

パターンA

月間客数
2000人
(現状維持)

客単価
2,600円

月間平均来店回数
1回
(現状維持)

客単価を600円増加させることは困難…

パターンB

月間客数
2600人

客単価
2,000円
(現状維持)

月間平均来店回数
1回
(現状維持)

月間客数を600人増加させることも困難…

パターンC

月間客数
2200人

客単価
2,200円

月間平均来店回数
1.1回

2,200円×2200人×1.1回=月間売上532万円

©2021 明和総務代行サービス株式会社